お金を借りられるのは何歳から??

最近は18歳で社会人になる子供も多くなりました。
社会人になると学生時代とは違って、必要なものが増えてきます。
しかし、年齢が若いとなかなかローン契約もできず、保護者に代わりにローン契約をしてもらうという場合も多いですね。
法律では18歳からローン契約や融資を受けることができることになっています。
とはいえ、ショッピングならいざ知らず、現金の融資となると、多くの金融機関で20歳以上でなければ融資が断られるようになっています。
なぜ法律では18歳からお金を借りることができるのに、現金の融資を受けるカードローンやキャッシングは20歳からなのでしょうか。
理由としては、やはり20歳未満は未成年なので、お金を貸すことができないという点です。
そもそもショッピングのローン枠と違って、お金を借りるカードローンやキャッシングの審査はとても厳しくおこなわれるようになっています。
ある程度仕事をしている社会人でも、きちんと返済できるかどうか、勤務先や収入を確認されるわけですから、短い勤務年数であれば断られてしまうのも致し方ありません。
そしてなにより、中卒以降から社会人をしていたとしても、未成年は未成年です。
保護者の権限がとても強いのです。
たとえば、金融機関が18歳以降でもお金を借りることができるようにしたとして、社会人経験も長いから返済にも支障がないと審査を通過させたとしても、保護者がNOといえばいつでも解約することができるように決まっているのです。
いざとなると損害がでるのは金融機関ですから、そのようなリスクを少しでも避けるためにも、金融機関は20歳未満にお金を貸すことはしないのです。
そのため、20歳未満でどうしてもお金を借りる必要がある場合は、保護者や友人に頭を下げるしか方法はないでしょう。
未成年で仕事をする限り、無駄遣いはせず、何があってもいいように貯金をしておくことが大切ですね。
もしくはクレジットカードのキャッシング枠の活用ですが、キャッシング枠を活用した場合はデメリットが非常に大きいので、あくまでも最終手段として置いておきましょう。
ちなみに20歳以上であれば、正社員でなくても、安定した収入があればアルバイトでも、カードローンなう|消費者金融&銀行で即日お金を借りる方法!が可能です。
ちなみに、お金を借りる上限年齢は、66歳未満というのが一般的です。
最近は定年が65歳まで引き延ばされたので、65歳までは収入があるからとお金を借りることができますが、それでも審査はかなり厳しいと言われています。