「その他」カテゴリーアーカイブ

スムーズに借り入れをするために

即日融資を受けられる企業は増えていて、人気も高いです。即日融資をしてくれる金融機関でも、それ以外の金融機関と同じように審査をします。審査の際に年収の額だけでなく、職業の種類や同じ会社員でもどの会社に勤めているのかも確認されます。
同じ年収でも個人事業主より企業などに雇われている人の方が収入が安定していると考えられたり、同じ会社員でも中小企業より大手企業の方が収入の安定性が高いと評価がされ、審査の段階では細かい事まで確認されます。
しかし、中小企業に勤務しているからといって収入に安定性がないと判断される訳ではありません。なかには事業規模が小さく、長い期間融資する事を考えると会社員であっても貸し倒れのリスクが高いと判断されて、希望額を借りられない事もあります。ある程度安定した収益がある会社や団体に勤めていて、申し込み者本人の給与の額もある程度あれば、即日融資の審査は通過できます。
中小企業勤務だからといって審査の通過に不利になる事はなくても、個人の収入が少なければ、いくら金融機関に信用されても総量規制以上を借りる事はできません。審査時より後に収入が上がった場合は、それに応じて総量規制の上限金額も上がっていきます。
カードローンを利用時の借入の限度額を比較するにあたり、各地の評判の良い貸金業者の最新の対応事例を参考にすることが肝心です(参照:お金借りる)。
特に、人気の高い貸金業者のキャンペーンの期間中に契約を結ぶ事によって借金に関する様々な問題を解決できる事があるため、定期的な情報収集が大事です。カードローンの融資の限度額に関して興味を持っている人が少なくありませんが、同年代の人の成功体験談を知ると、たいへん参考になります。
もしもカードローンの契約方法について迷っている事があれば、問い合わせをする事で、将来的なトラブルのリスクをなるべく低く出来ると言われています。その他、カードローンでどのくらい利用限度額を設定してもらえるかについては、業者の実績に目を向ける事もコツです。できれば、カスタマーサービスが徹底している、評判の良いカードローンを利用したいものですね。
顧客対応がしっかりとしている業者の見分け方をマスターすることで、忙しい生活を送っている人であっても、スピーディーにスムーズにお金を借りる事ができますし、その後も無理のない返済をすることが可能なのです。

貸金業法で定められている総量規制のこと

2010年に貸金業法が改正され、「総量規制」という制度が設けられました。
これは、債権者が債務者の返済能力を超えた貸し付けを行わないように、債務者の年収の3分の1以内しか借り入れできないように定めた制度のことです。
合わせて、新規で50万円以上の借り入れを申し込む時、あるいは合計の借入額が100真年を超えた時には、所得証明書の提出を義務付ける規定ができました。
この総量規制の対象になるのは、消費者金融や信販会社、クレジット会社で、銀行は含まれません。
つまり、消費者金融だけが年収の3分の1までしか借り入れができないのではなく、3分の1と信販会社やクレジット会社のキャッシングの合算が3分の1以内ということです。
この背景には、かつて「サラ金」と呼ばれた消費者金融の高利に苦しむ債務者が増えたこと、破産者の増加に歯止めをかけたいという、国の働きかけがありました。
そのため、消費者金融からの借り入れや、信販会社やクレジット会社のキャッシングについては、個人信用情報機関で利用履歴が共有されているので、隠して借り入れすることはできません。

消費者金融の中にも総量規制対象外の借り入れはある!

では、消費者金融や信販会社、クレジット会社の借り入れのすべてが総量規制の対象になるかというと、そうではありません。
消費者金融や信販会社、クレジット会社の借り入れでも、総量規制の対象外になるものをあげてみると、「借金の一本化など債務者が有利になる借り換え」「緊急で必要になった医療費の貸し付け」などの例外貸付があります。この他にも、社会通念上、緊急に必要と認められる費用の支払いのための貸し付けや、配偶者と合わせて年収3分の1以下の貸し付け、個人事業主に対する貸し付け、預金取り扱い金融機関からの貸し付けを受けるまでのつなぎ資金としての貸し付けなどがあります。
そしてもう一つ、「除外貸付」があります。これは、そもそも総量規制の対象外です。
具体的には、「住宅ローン」や「マイカーローン」「高額療法費の貸し付け」「有価証券を担保にした借り入れ」「不動産を担保にした借り入れ」「金融取引業者からの500万円を超える借り入れ」「不動産などの売却代金により返済できる貸し付け」「貸金業者を債務者とする金銭賃借契約の媒介」「融通手形を除いた手形の割り引き」などです。
用途に合わせて、上手に活用しましょう。

お金を借りられるのは何歳から??

最近は18歳で社会人になる子供も多くなりました。
社会人になると学生時代とは違って、必要なものが増えてきます。
しかし、年齢が若いとなかなかローン契約もできず、保護者に代わりにローン契約をしてもらうという場合も多いですね。
法律では18歳からローン契約や融資を受けることができることになっています。
とはいえ、ショッピングならいざ知らず、現金の融資となると、多くの金融機関で20歳以上でなければ融資が断られるようになっています。
なぜ法律では18歳からお金を借りることができるのに、現金の融資を受けるカードローンやキャッシングは20歳からなのでしょうか。
理由としては、やはり20歳未満は未成年なので、お金を貸すことができないという点です。
そもそもショッピングのローン枠と違って、お金を借りるカードローンやキャッシングの審査はとても厳しくおこなわれるようになっています。
ある程度仕事をしている社会人でも、きちんと返済できるかどうか、勤務先や収入を確認されるわけですから、短い勤務年数であれば断られてしまうのも致し方ありません。
そしてなにより、中卒以降から社会人をしていたとしても、未成年は未成年です。
保護者の権限がとても強いのです。
たとえば、金融機関が18歳以降でもお金を借りることができるようにしたとして、社会人経験も長いから返済にも支障がないと審査を通過させたとしても、保護者がNOといえばいつでも解約することができるように決まっているのです。
いざとなると損害がでるのは金融機関ですから、そのようなリスクを少しでも避けるためにも、金融機関は20歳未満にお金を貸すことはしないのです。
そのため、20歳未満でどうしてもお金を借りる必要がある場合は、保護者や友人に頭を下げるしか方法はないでしょう。
未成年で仕事をする限り、無駄遣いはせず、何があってもいいように貯金をしておくことが大切ですね。
もしくはクレジットカードのキャッシング枠の活用ですが、キャッシング枠を活用した場合はデメリットが非常に大きいので、あくまでも最終手段として置いておきましょう。
ちなみに20歳以上であれば、正社員でなくても、安定した収入があればアルバイトでも、カードローンなう|消費者金融&銀行で即日お金を借りる方法!が可能です。
ちなみに、お金を借りる上限年齢は、66歳未満というのが一般的です。
最近は定年が65歳まで引き延ばされたので、65歳までは収入があるからとお金を借りることができますが、それでも審査はかなり厳しいと言われています。

カードローンの即日融資可能なところ

カードローンを利用したことがあるでしょうか?
特に多くの方が利用するのは消費者金融のカードローンかもしれません。
たしかに毎日のように消費者金融のカードローンに関係するCMが放送されているので、真っ先に思い浮ぶのは消費者金融かもしれません。
多くの消費者を集めることができているので、即日融資を可能にしています。

では銀行カードローンはどうでしょうか?
銀行と聞くとちょっと足を一歩踏み出せないという方もいますが、実は最近の銀行はとても利用しやすくなってきています。
特に顕著なのはカードローンの分野であり、いろいろな配慮は行なわれています。
例えばカードローンの即日融資などでは、特別なコーナーが用意されているものの、借入コーナーという事ではなく、株式投資などのコーナーも一緒になっているので、相談しやすくなっています。

ほかにも銀行カードローンでも即日融資が可能になっており、さらに申込みも全てネットで完了させることができますので、とても利便性が高くなっています。
これなら消費者金融のカードローンをわざわざ利用しなくても大丈夫かもしれませんね。

「来店不要のキャッシングが気になる」

私今度海外に友達と行くんです。
4泊5日なんだけどね。
ホテルをグレードアップできるみたいで、お金がなくて、ちょっとこれからはちゃんと考えようと思って。
友達はお金あるからグレードアップしてもいいよって言っていて。
だけど私はお金が全然ないんだよね。
だからこれはまずいなあって思ってしまっているんだよね。
きちんと来店不要キャッシングをきちんと考えていかないと。
私きっとこのままだったらあんまり考えられないからね。
だからネットでまず調べないといけないから。
本当に私は海外に行くならやっぱりねって考えているんだよね。
だから私はちゃんときちんと楽しみたいからね。
だから私はしっかりとお金のことを考えていて。
来店不要キャッシングをちゃんと考えているからね。
ネットでもそういうのあるのならその方がいいかなって思ったり。
それでちゃんと今度の時に返せばいいことだからね。
でも無利息なところがいいなあとか思って。
きちんと私はこれからちゃんとしないとなって思って。
だから私は頑張らないといけないもん。
そして、お金ないない言っている旅行には行きたくないもんね。

住宅ローンの借り換えについて調べてみた

そろそろ家がほしいなぁと思っているのですが、住宅ローンについて色々と調べてみることにしました。
そこで気になったのが、住宅ローンの借り換えです。
住宅ローンの借り換えとは、より条件の良い住宅ローンを新たに借り、返済中の住宅ローンを一括返済するということらしいです。
現状の住宅ローンより金利が低くなるなら、それだけで効果がありそうですよね。
しかし、現在の住宅ローンの金利は非常に低い状態にあります。
特に、変動金利は本当に低いです。
住宅ローンの借り換えの大きなメリットは、総返済額の減少ですので、借り換えのタイミングがポイントになるそうです。
つまり、借り換えを行わない方がいい人もいるということです。
借り換えをした方がいい人は、例えば住宅ローンの残高が1000万円以上ある人。
残りの返済期間が10年以上ある人。
そして、借り換え前と後の金利差が0、5%~1%以上あることなどです。
これらの条件にばっちり当てはまるなら、借り換えを検討した方がいいと言えます。
ただ、メリットはこれだけではありません。
例えば、全額変動金利で借りているが、今後の金利上昇を考えた、固定にしたいと考える場合もありますよね。
返済額は、ほぼ確実に高くなると思いますが、リスクを分散したいと考える人もいるでしょう。
そんな時、固定金利の条件が良ければ、借り換えを行うことも悪くないと思います。

即日キャッシング…利用すべきか迷うけれど。

お金に困ったという時、世の中には様々な手立てがあるものだとあらためて気づかされたりします。
普段は聞き流しているテレビコマーシャルの消費者金融の宣伝が目に留まったり、街頭で配られるポケットティッシュの即日キャッシングの文字が気になったり。
ほとんどの人はそれでも借金には抵抗があり、また不安もあり、どうにか借金を回避できるように努力をするものでしょう。
もちろん、どうしようもなくお金を借りることは誰にでも有り得ることです。
そんな時は急場しのぎで借金をすることも否定するつもりはありません。
問題は、そこまでの緊急度を感じないのにお金を借りてしまう人もいるということです。
具体的に言うなら、食費や家賃のような切羽詰まった生活費のための借金なら仕方がないとおもうのですが、交際費の不足や日用品など以外の必要に迫られていない欲しいもの(貴金属や趣味の物など)を購入したいための借金をしてしまうという状況です。
テレビコマーシャルなどで借金への心理的な敷居が低くなってしまっているのでしょうが、こういった借金のやり方をしていると、またすぐに何度も利用してしまう借金癖が付いてしまいかねません。

カードローン審査甘い安全おすすめ業者は?

急なお財布のピンチもカードローンがあれば乗り切ることができると最近とても人気となっています。
今カードローンも色々な業者が取り扱いをしていますので、どの業者のカードローンを作ろうか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?
ちなみにカードローンを作る際は『利用審査』が必ずあるので、これに通過できなければカードローンを契約することができません。
カードローン審査では収入や勤務先情報、他社の借入・返済状況などを総合的に審査されるのが一般的です。
しかしカードローン審査に不安がある場合はどうすればいいのでしょうか?
一番手っ取り早いのが『カードローン審査甘い業者』を選んで申し込むことです。
カードローン審査甘い業者の調べ方もいろいろありますが、インターネットの【カードローン口コミ比較サイト】などのカードローンの特徴を紹介しているサイトを参考にしてみるのがおすすめです。
ちなみにカードローンには銀行系・ノンバンク系の二種類がありますが、審査の難易度で言えばノンバンク系の方がカードローン審査甘い傾向にあるようです。
まずは気になるカードローン業者の審査の難易度をチェックしてみてくださいね。

おまとめローンで借金を一本化!そのメリットは?

複数の金融業者から借入をしていて多重債務となっている人は、利息が各社から取られるので、非常に損をしています。
おまとめローンを使えば、借金を一本化出来て、利息が下がるようになります。
また、返済期間が短くなり、銀行でおまとめローンを利用できれば、上限金利も下がります。
そうなると、返済総額はかなり少なくなって、完済までのスピードが早くなります。
おまとめローンは、返済日の管理とそれぞれの業者への返済額の管理が1つで済むようにもなります。
こういったメリットがあるので、多くの人がおまとめローンを利用して、借金を一本化しています。
おまとめローンは審査が厳しい人傾向にあり、審査が通らないと口コミで書いている人もいます。
原因として挙げられるのが、借入件数が多すぎたり、おまとめローンの申し込みをしすぎているなどです。
最高でも一ヶ月に三社までを目安にしておかないと、個人信用情報機関の履歴に半年は残ります。
多重申し込みをすると、それだけで申し込みブラック・要注意人物となってしまいます。
申し込みの数に気をつけて、一社ずつ完済して、少なくしてから申し込んでみましょう。

債務整理のデメリットを把握しておかないと!

借金で苦しんでいる人は日本に200~300万人も言われていて、その中には自殺や夜逃げをする人もいます。
借金の悩みを抱えているなら、夜逃げをする前に法律の専門家に相談してみるといいでしょう。
法律の専門家とは弁護士や司法書士で近年では無料相談を行っている事務所も多いです。

弁護士や司法書士によって借金の整理をすることができ、借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きのことを債務整理といいます。
債務整理を行うと借金を減らしたり無くしたりすることができますが、デメリットもあります。
債務整理のデメリットはブラックリストに載ってしまうので、5~10年程度は新規にお金を借りることができなくなったり、官報に掲載されてしまいます。
過払金返還請求をした場合には、二度とその金融機関からお金を借りることができなくなります。

債務整理にはメリットもデメリットもあるので、どちらもしっかり理解してから手続きを行うとこんなはずではなかったなんていう事にはなりませんよ。
色々考えていても借金が膨らむばかりなので、早めに法律の専門家に相談しましょう。

カードローンでお買い物中毒

転職して給料が増えたのとは裏腹に、プライベートな時間が全然取れないストレスで、買い物にはまってしまいクレジットカードに使い過ぎで苦労した経験があります。毎月クレジットの上限いっぱいまでお金を使い、契約カードの枚数も増えていきました。とにかくお金を使っている感覚がなかったので、魔法のカード感覚でしたね。物を買うこと、お金を使うことにステイタスを感じてしまっていました。1か月の給料よりも多い請求額に困って、キャバクラなど割の良い夜のバイトをしてお返済のお金を稼いでいました。それでもなかなか買い物しまくってしまう生活から抜け出せなくて、昼も夜も働いてもそれでもお返済が追いつきませんでした。困った私は、最終的に夜のバイトで知りあったお客さんに頼んで条件つきで返済してもらいました。しかし返済する代わりに二度としたくもないし、言いたくもないことを色々としたので、それに懲りてそれ以来クレジットカードの使用には気をつけるようになりました。今思い返しても嫌悪感を抱く嫌な経験です。身の程をわきまえたお金の使い方を学びました。それでもカードローン 即日などに頼ってしまうんですが。