債務整理のデメリットを把握しておかないと!

借金で苦しんでいる人は日本に200~300万人も言われていて、その中には自殺や夜逃げをする人もいます。
借金の悩みを抱えているなら、夜逃げをする前に法律の専門家に相談してみるといいでしょう。
法律の専門家とは弁護士や司法書士で近年では無料相談を行っている事務所も多いです。

弁護士や司法書士によって借金の整理をすることができ、借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きのことを債務整理といいます。
債務整理を行うと借金を減らしたり無くしたりすることができますが、デメリットもあります。
債務整理のデメリットはブラックリストに載ってしまうので、5~10年程度は新規にお金を借りることができなくなったり、官報に掲載されてしまいます。
過払金返還請求をした場合には、二度とその金融機関からお金を借りることができなくなります。

債務整理にはメリットもデメリットもあるので、どちらもしっかり理解してから手続きを行うとこんなはずではなかったなんていう事にはなりませんよ。
色々考えていても借金が膨らむばかりなので、早めに法律の専門家に相談しましょう。